SUN SURF(サンサーフ×北斎)アロハシャツ HAWAIIAN SHIRT『SPECIAL EDITION / 百物語』SS37653-128 Navy

Sun Surfについて

SUN SURFは、日本国内でのアロハの草分け的存在である東洋エンタープライズのアロハシャツのブランドで、アロハを愛する人々にはお馴染みの名前だろう。

同社は国内随一のアロハの製造元であり、また、戦後間もない頃よりスカジャンを作った事でも有名である。
すでにこの地球上から消えてしまったアロハシャツの名門ブランドの復刻版を、絵柄は当然の事として、素材、染めや抜染の製法、ロゴ等の細部に至るまで当時を忠実に再現したビンテージ復刻モデル(スペシャルエディション)が有名だ。

また、国内のアロハをこよなく愛する著名人のデザインによる『KEONI』シリーズは、限定生産のコレクターズアイテムとしての人気も高い。

sunsurf

当店で販売しているSun Surfは全て新品・国内正規品です。ご安心してご購入下さい。

SPECIAL EDITION / 百物語

葛飾北斎(かつしかほくさい)は日本を代表する芸術家であり、世界に最も名の知れた日本人です。
北斎の作品は1867年のパリ万国博覧会にて、初めて海外で紹介されました。その大胆な構図や明るい色彩は従来のヨーロッパ絵画に無かったものであり、ヨーロッパの芸術家たちに大きな影響を与え、印象派誕生のきっかけともなりました。北斎の影響を受けた画家には、フィンセント・ファン・ゴッホやクロード・モネ、エドガー・ドガなどがおり、音楽家のクロード・ドビュッシーも『富嶽三十六景 神奈川沖浪裏』に着想を得て、交響詩『海』を作曲。このように西洋美術史にまで影響を与えた北斎は、世界における評価が高く、1960年にウィーンで開催された世界平和評議会において世界の文化巨匠として顕彰されました。また、1999年にはアメリカの雑誌『ライフ』で「この1000年でもっとも偉大な業績を残した100人」として日本人から唯一選ばれ、欧米ではその後も19世紀最大のアーティストと讃えられ続けています。
北斎は宝暦10年(1760年)に本所割下水付近(現在の墨田区亀沢付近)で生まれ、生涯のほとんどを墨田区内で過ごしました。古くはこの辺りを葛飾郡(かつしかごおり)と呼んだことから、自身の画姓にしたといわれています。勝川春章に入門し、勝川春朗(かつかわしゅんろう)としてデビューした後は次々と画号を変えながらキャリアを重ね、還暦を過ぎたころ為一(いいつ)と改名しました。この頃にかの有名な『富嶽三十六景』や『百物語』シリーズ、武者絵など錦絵版画の代表作を完成させます。
北斎は人生のすべてを画業についやして膨大な数の作品を残し、波乱万丈の人生を送りました。自身の作品に病的なこだわりを持ち、決して妥協を許さない芸術家であったといわれています。北斎の才能と努力、作品への探究心、そしてつねに向上心と好奇心を持って挑む姿勢を我々は見習わなければなりません。
北斎の生まれた墨田区で創業から半世紀を経た東洋エンタープライズは、同郷の偉大な芸術家である北斎をリスペクトするとともに、その功績や優れた作品をより深く知ってもらうため、北斎作品とのコラボレーションアロハシャツを展開いたします。2016年11月に開館した「すみだ北斎美術館」監修のもと、売り上げの一部を同館へ寄付し、世界に誇れる日本の芸術が後世まで残っていくよう、わずかでも貢献できればと考えております。

カラーバリエーション
Off White
Navy

SUN SURF(サンサーフ×北斎)アロハシャツ HAWAIIAN SHIRT『SPECIAL EDITION / 百物語』SS37653-128 Navy

メーカー:SUNSURF(サンサーフ)
型番:SS37653
小売希望価格:
24,840円(税込)
価格:

23,000円 (税込 24,840円)

[ポイント還元 2,484ポイント〜]
購入数:

size

在庫

購入

XS★61329XS

×

S★61329S

×

M★61329M

×

L★61329L

×

XL★61329XL

×

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る

■ 商品仕様

製品名SUN SURF(サンサーフ×北斎)アロハシャツ HAWAIIAN SHIRT『SPECIAL EDITION / 百物語』SS37653
型番SS37653
メーカーSUNSURF(サンサーフ)
製造年2017年

SUN SURF(サンサーフ×北斎)アロハシャツ HAWAIIAN SHIRT『SPECIAL EDITION / 百物語』SS37653

「百物語」とは江戸時代に流行した怪談遊び。夏の深夜、蝋燭や提灯の明かりのもと集まった人々が順番に怪談を披露し合い、100話目を語り終えたとき異変が起こるとされていました。その怪談会の名を冠した北斎の作品群。当初は100図近い版行が予定されていたと考えられます。今回、北斎の「百物語」シリーズから代表的な4作をコラージュし、ひとつの作品として展開しています。

1.さらやしき
中判錦絵/天保2-3年(1831-32年)頃
有名な「番長皿屋敷」を題材にした作品です。主人の大切な皿を割ったために殺された下女、お菊。その霊が、落とされた井戸から「いちまーい」「にまーい」と皿を数えながら現れる場面を描いています。北斎の他にも多くの浮世絵師が皿屋敷を題材に制作していますが、皿を連ねて蛇体のように首から下を表現した姿は他に見られません。

2.笑ひはんにゃ
中判錦絵/天保2-3年(1831-32年)頃
般若とは、2本の角と鋭利な牙が生えた鬼女の面。源氏物語によった能曲「葵上」で嫉妬に狂った生霊が「般若心経」を恐れる場面から、怒りや恨み、悲しみを表したこの面を般若と呼びならわすようになりました。北斎が描いたのは、傷口が生々しい赤ん坊の生首を手にし、蛇のように耳まで裂けた血まみれの口が恐ろしい狂気の笑い般若。

3.お岩さん
中判錦絵/天保2-3年(1831-32年)頃
徳川時代から昭和にかけて絶大な人気を誇った「四谷怪談」の女主人公、お岩さん。お岩は夫の伊右衛門に毒を盛られ、その非情を怨んで憤死。亡霊となり「うらめしや…」と夜な夜なあらわれます。歌舞伎の演出には、お岩の霊が提灯に乗り移って怪異を表す「提灯お岩」という場面があり、北斎の作品はその場面を描いているとされています。

4.こはだ小平次
中判錦絵/天保2-3年(1831-32年)頃
小幡小平次は、江戸時代に発生した怪談話の主人公。妻とその浮気相手に殺された役者の小平次が恨みのあまり往生できず幽霊となって現れる、という話で、怪奇小説や歌舞伎などに脚色され人気を博しました。白骨化した頭蓋の様子がリアルな本図は、当時出回っていたオランダの解剖書など科学書の知識が転用されたことがうかがえて興味深いものです。

【店長コメント】
6月上旬入荷予定。富嶽三十六景と共に有名な武者絵がモチーフ。

ITEM INFORMATION

  • オリジナルブランド
    SUN SURF × 葛飾北斎
  • 年代
    2017
  • 生地
    レーヨン壁縮緬
  • プリント方法
    OVER PRINT
  • パターン
    オールオーバーパターン(総柄)
  • カラー
    Off White、Navy
  • 生産国
    日本製
  • 製造年
    2017

サイズ表