「KFEB50J」で「UCC アイスコーヒー」を抽出する際のお願い

平素は「D-Park」をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

2014年6月4日、弊社でも販売しております、KEURIG K-CUPパック「UCC アイスコーヒー」につきまして、KEURIGコーヒーメーカー「KFEB50J」との組み合わせで、特定の条件でまれに抽出量が極端に少なくなる場合があると、メーカーより案内が入りましたので、ご報告申し上げます。

「KFEB50J」ご利用のお客様には大変お手数をおかけ致しますが、「KFEB50J」で「UCC アイスコーヒー」を抽出する際には、必ず抽出量ダイヤルを最大 140ml (右) に設定して、ご使用くださいますようお願い申し上げます。

※なお、下記の案内の通り、トレビエなどの該当機種以外のキューリグコーヒーメーカーに関しましては、不具合は発生しないとの事です。


※本不具合を解消する為に、「UCC アイスコーヒー」につきまして、7月14日メーカー出荷商品より、コーヒー豆容量が「10.5g⇨10.0g」(Kカップ1個当たり)へ仕様変更となります。弊社におきましても従来の「10.5g」の商品が無くなり次第、順次新しい「10.0g」の商品に変更させていただ頂きます。また弊社では、新旧商品の区別は特に行いませんので、新旧商品が混在された状態でお届けとなる可能性もございますこと、合わせてご了承ください。






2014年 6月吉日

お客様各位

キューリグ・エフイー株式会社

K-CUPパック製品(UCC アイスコーヒー 10.5g)の抽出条件についてのご案内

平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
この度、K-CUPパック(UCC アイスコーヒー 10.5g)製品に関し、下記の不具合についてのご連絡と、抽出条件についてのお願いを申し上げます。
ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。何卒、ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。

敬具

対象製品:(商品コード 301241) UCC アイスコーヒー 10.5g×12(Kカップ)

対象機種:KFEB50J

現象:

当該機種 (KFEB50J) を用いて、対象製品 (UCC アイスコーヒー 10.5g) を抽出量 70ml (抽出ダイヤル左) 、および 120ml (抽出ダイヤル中央) で抽出した際に、まれに抽出量が極端に少なくなる場合がございます。

原因:

KFEB50J 特有の抽出方式により、規定以上の圧力がかかった場合に圧力センサーが反応し、抽出が途中で停止することが原因です。

お願い:

当該機種 (KFEB50J) を用いて、対象製品 (UCC アイスコーヒー 10.5g) を抽出する際は、抽出量ダイヤルを最大 140ml (右) に設定して、ご使用くださいますようお願い申し上げます。

尚、他機種に関しましては、抽出量ダイヤルのいずれに設定しましてもこのような現象が発生することはありません。

今後とも弊社製品に対し変わらぬご愛顧を賜りますとともに、お気づきの点などございましたら何なりとお知らせくださいますようお願い申し上げます。

以上