SUN SURF (サンサーフ×三代目 歌川豊国) アロハシャツ HAWAIIAN SHIRT『SPECIAL EDITION/柳街梨園全盛花一対』SS38715-133 Beige

Sun Surfについて

SUN SURFは、日本国内でのアロハの草分け的存在である東洋エンタープライズのアロハシャツのブランドで、アロハを愛する人々にはお馴染みの名前だろう。

同社は国内随一のアロハの製造元であり、また、戦後間もない頃よりスカジャンを作った事でも有名である。
すでにこの地球上から消えてしまったアロハシャツの名門ブランドの復刻版を、絵柄は当然の事として、素材、染めや抜染の製法、ロゴ等の細部に至るまで当時を忠実に再現したビンテージ復刻モデル(スペシャルエディション)が有名だ。

また、国内のアロハをこよなく愛する著名人のデザインによる『KEONI』シリーズは、限定生産のコレクターズアイテムとしての人気も高い。

sunsurf

当店で販売しているSun Surfは全て新品・国内正規品です。ご安心してご購入下さい。

SPECIAL EDITION/柳街梨園全盛花一対 SS38715

日本では歌舞伎の世界を意味する梨園(りえん)。その語源は唐の時代の中国にあり、宮廷音楽を継承する施設が梨を植えられた庭園にあったことから、音楽や舞踊にまつわるものを「梨園」と呼ぶようになったと言われている。本作は三代目・歌川豊国(歌川国貞)が晩年に手がけた「柳街梨園 全盛花一対」シリーズの一枚。掛札には歌舞伎の演目を書き、龍の刺青が勇ましい市川蝶枡(いちかわちょうます)と、懐紙を咥えて彼を見つめる遊女、岡田屋内田毎(おかだやうちたごと)の姿を扇の中に美しく描き出している。 江戸後期の浮世絵界を代表する絵師、歌川国貞は天明6年(1786年)、江戸本所の材木問屋の家に生まれた。彼の描く美人画は一世を風靡し、さらには役者絵の評価も高く、師匠であった初代歌川豊国をも越えたと言われていた。天保15年(1844年)には三代目豊国を襲名。作品制作に対して非常に意欲的で、当時の浮世絵師のなかで最も多くの作品を残しており、その数は1万点以上にも及ぶ。

商品詳細イメージ

浮世絵をモチーフとした新作和柄。 

歌川豊国の「柳街梨園全盛花一対」が描かれている。

サンサーフと日本の意匠シリーズのタグ。

ポケットも柄合せがされている。

黒蝶貝のボタン。

レーヨンフジエットにオーバープリント。

繊細に刷り重ねられて描かれている。

歌川豊国の「柳街梨園全盛花一対」。

ポストカードが付属。

日本の意匠オリジナルBOX入り。

SUN SURF (サンサーフ×三代目 歌川豊国) アロハシャツ HAWAIIAN SHIRT『SPECIAL EDITION/柳街梨園全盛花一対』SS38715-133 Beige

メーカー:サンサーフ
型番:SS38715
メーカー希望小売価格:
27,500円(税込)
価格:

20,000円 (税込 22,000円)   <20%OFF>

[ポイント還元 220ポイント~]
購入数:

size

在庫

購入

XS★63431XS

×

S★63431S

M★63431M

×

L★63431L

XL★63431XL

×

XXL★63431XXL

×

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

■ 商品説明

日本では歌舞伎の世界を意味する梨園(りえん)。その語源は唐の時代の中国にあり、宮廷音楽を継承する施設が梨を植えられた庭園にあったことから、音楽や舞踊にまつわるものを「梨園」と呼ぶようになったと言われている。本作は三代目・歌川豊国(歌川国貞)が晩年に手がけた「柳街梨園 全盛花一対」シリーズの一枚。掛札には歌舞伎の演目を書き、龍の刺青が勇ましい市川蝶枡(いちかわちょうます)と、懐紙を咥えて彼を見つめる遊女、岡田屋内田毎(おかだやうちたごと)の姿を扇の中に美しく描き出している。 江戸後期の浮世絵界を代表する絵師、歌川国貞は天明6年(1786年)、江戸本所の材木問屋の家に生まれた。彼の描く美人画は一世を風靡し、さらには役者絵の評価も高く、師匠であった初代歌川豊国をも越えたと言われていた。天保15年(1844年)には三代目豊国を襲名。作品制作に対して非常に意欲的で、当時の浮世絵師のなかで最も多くの作品を残しており、その数は1万点以上にも及ぶ。

■ 商品仕様

製品名SUN SURF (サンサーフ×歌川国長) アロハシャツ HAWAIIAN SHIRT『SPECIAL EDITION/源頼光 土蜘蛛退治』SS38714-128 Navy
型番SS38715
メーカーサンサーフ
製造年2021年

SUN SURF(サンサーフ)アロハシャツ HAWAIIAN SHIRT『SPECIAL EDITION/MANDALA』SS38711

1970年代に京都で捺染され、日系の商社トリプル・タイムス・カリフォルニア社によってアメリカ向けにシャツ用の生地として輸出されたデザイン。当時の資料は生地しか現存しておらず、シャツとして生産したメーカーやブランドは未だに判明していない。しかし、緻密に彫られた型を幾重にも摺り重ねた完成度の高い生地であることから、熟練の職人による非常に優れた作品であることは間違いない。 デザインの元となっているのは「タンカ」と呼ばれるチベット仏教の掛け軸。元々は僧侶が伝道の際に教義をわかりやすく解説するためのもので、この生地にもチベット密教の開祖である「パドマサンバヴァ」や男女両尊のシンボル「ヤブユム」など、チベットの仏教美術にみられるモチーフがプリントされている。作品名の「マンダラ」とは、サンスクリット語で円輪という意味を持ち、過不足のない充実した状態。悟りの境地を示す図絵でもあり、神仏が集会(しゅうえ)する「曼荼羅」として日本の文化にも伝存している。

ITEM INFORMATION

  • オリジナルブランド
    ---
  • 年代
    late 1970s
  • 生地
    レーヨンフジエット
  • プリント方法
    OVERPRINT
  • パターン
    ホリゾンタルパターン 
  • カラー
    Off White、Black、Red
  • 生産国
    日本製
  • 製造年
    2021

サイズ表

ページトップへ